サマービューティ便り

劇団Nadianneの主宰・役者の北島夏美のブログです。 お芝居のこと、日常のことを書いています。 劇団HPにもぜひ遊びにいらして下さい。

劇団HP https://nadianne.com/

☆このブログと所属劇団のリンク集☆

こちらの"サマービューティ便り”の紹介です。

  f:id:sb_natsumi:20200427160536j:plain


よく更新する?カテゴリー

公演・お芝居関連…。 カテゴリーの記事一覧 - サマービューティ便り
観劇したよ。 カテゴリーの記事一覧 - サマービューティ便り
旅の話。 カテゴリーの記事一覧 - サマービューティ便り
遊びの話。 カテゴリーの記事一覧 - サマービューティ便り
 

Twitter 

twitter.com

Instargram

f:id:sb_natsumi:20210516235926p:plain
※食べ物の写真多め!  

≪所属劇団、劇団Nadianneのリンク集≫
劇団HP

f:id:sb_natsumi:20200427150432j:plain
劇団Twetter 

twitter.com

入院したよ、の話。

5月に生まれてはじめて、入院してきたので(たったの2泊だよ!)備忘録として書いておこうと思います。

痛そうな話(と、ちょっと痛そうな写真)かもしれないので、苦手な人はスルーしてね!

 

病名は子宮内膜ポリープで、おそらくかなり多くの女性が経験してるものです。

 

これまで病とは無縁の健康体でいられたことに感謝と、
年齢も年齢だし、健康に気をつけるのはもとより、ちゃんと定期検診して早め早めの対処をしてこうね、と改めて思ったのでした。

 

さ、長いよ!!始まり始まり~

きっかけ

自覚症状はなかったものの、久々に受けた婦人科検診(久々って…)で再検査になったのがきっかけ。

念の為近所のレディースクリニックで診察してもらい、何度か検査、大きな病院で診てもらった方がいい、とのことで、大学病院に紹介状を書いてもらう。

婦人科検診は申し込めば無料でやってもらえるので、会社の福利厚生ありがたいね…!


そしてレディースクリニックで、
「検診でこれに気付けるのは、(会社の婦人科検診の先生は)すげーよ。」
と、緊張している私にわざとくだけて話してくれる先生優しい(ホロリ)。

 

検査の日々

自動受付だったり精算機だったり、待合の仕組みだったり、大きな病院ってこんな感じなのねーと、馴れなさ加減丸出しにしながら、何度か病院に通う。

電車でも通いやすく40分くらいで行けるし、車でも20分程度で着けるのがありがたかったです。

 

やった検査↓

■子宮鏡検査

MRI(造影剤の点滴に緊張した〜これがMRIか!と。)

■血液検査数回

手術が確定してから

■レントゲン

■心電図

 

そして直前についに(?)

PCR検査。

PCR検査は長ーい綿棒を鼻の奥の奥…想像していたより5倍は奥(イメージ)に突っ込まれて、痛過ぎてちょっと涙出た。無事陰性で入院へ。

入院前の説明で「手術当日は歩けない」と聞いて少しビビる私。

 

入院前夜

必要なものを用意して、特に制限がなかったのでご飯も好きなものたっぷり食べました。

そして、退院後数週間は入浴できない(シャワーはOK)と聞いていたので、スーパー銭湯でお風呂とサウナをガッツリ楽しむ。

けれど、なんだか落ち着かない感じ…。

 

入院初日の朝

ソワソワする朝。寒いかな…と服を入れ替えたり、
朝ごはんもたっぷり食べてから10時半頃、病院へ。

家族が送ってくれたのですが、手を振り病院の奥へ進むとなんだか心細くなる私。
いや二泊三日の入院で感傷に浸りすぎ…

 

ついに入院初日

病室に案内される。大部屋だけど窓際なのがありがたかったです。

▼普通にきれいよね。

▼窓際!

▼荷物の整理をして、棚につめて「ホテルの長期滞在みたいだな…」とのんきに思う。

その後、身長体重測定があり、朝ごはんを目一杯食べてきたのでここイチの体重を記録し恥ずかしさでいっぱいに。
もちろん、そんなの誰も気にしてない。

▼イベント表を頂く。…イベント?

初めての病院食

すぐにお昼ご飯の時間になり、昼食をとる。

ビーフシチューにパン。パン食はないんだろうなと思い込み(どんな思い込み?)
朝ごはんにパンを食べてきたので少し驚き。

パンはあたたかくしてあって、シチューもとても美味しい。

食後、コンビニにコーヒーを買いに行ったり、さっそくテレビカードを購入。
12時間分観られるとのこと。


▼リクライニングさせて、テレビ見る体制!

 

これからのスケジュールなどの説明を受ける。

■手術後、3時間後くらいに看護士さんと一緒に立ち上がってみる、すぐ歩ける

■生理痛程度の痛みはある

■手術当日の朝昼は食事出来ない

とのことで、あれ、当日に歩けるの?となったり、
ご飯食べられないとのことで、不安になる(笑)

その後手術室の看護士さんからも当日の流れの説明を受ける。

 

14時、さっそくお風呂の時間。

ビジネスホテルのユニットバスみたいなとこで、シャワーを浴びる。

ドライヤーを借りて髪を乾かし、再びコンビニへ。

運動のため階段を使う。

今日の食事可能の時間までに、食べておけそうなものや、手術後にやさしいものを食べたいかな?(飲みたいかな?)と色々買ってくる。

(おやつなどは何を食べてもいいとのこと)
お茶やお水は持参しました。

こんなに買うの、ビビりすぎてて自分でも笑ってしまう。(結局食べきれずに一部持って帰った)

部屋に戻りがてら、飾られている絵や企業、小学校からの感謝状や寄付された物(コロナ禍での病院への支援)を読む。
入院初日が日曜日だったので、外来患者の方たちがいないので、静かな病院。

部屋に戻る際に違う階段を使ってしまい暗いエリアに出てしまい、少し慌てる。何事もなかったかのように、部屋へ戻る。

 

ベッドでのんびり野球の試合をテレビで観る。

看護士さんやって来て、点滴の準備。
明日の点滴のための道を通しておくとのことで、
左腕にずっと何かささってる状態はソワソワする。

そしてまさかの小腹が空いてきて(何もしてないのに!)パンでも買いに行こうか迷うが、我慢する。

考えてみたらいつもはこんなにおやつを食べないし買わない。
恐らく「買っておかないと食べられない(いつでも食べられるわけではない)」という状況から、食べとくか!という思考になってしまうようだ。

 

17時過ぎ、暇だしなーとまたコンビニへ行き、結局パンを買ってしまう。
コンビニは18時までしか開いてないのでなんとなく今買っとかないとな…みたいな気持ちに。夜お腹すくかもだし…食べなかったら持って帰ればいいし、と。

点滴の道を通してある箇所、まだ少し痛い。

▼買ったパン。

入院初日の夜

そうこうしているうちに、18時の夕飯時間より30分も早く夕飯が来る。

美味しい…量もたっぷり。

 

9時頃、まだお腹は空いてないけどなんとなくデザート気分で飲むヨーグルトを。
美味しい。

大河と日曜ドラマで時間が潰せる。

家族とラインで感想話す。

 

もう点滴の道の箇所、違和感感じなくなってくる。

 

ワンピースを読んでダラダラしていたら看護士さんが様子見に来てくれる。消灯。
隣も居ないし枕元の電気はつけていいと言われる。

夜のスポーツニュースを観たりなどする。

 

23時、ゆで卵とチョコパン半分を食べる。

美味しい。

こんな夜中に食べるなんて普通だと正気の沙汰じゃないけど、こちとら正気じゃないんでねと思いながら食べる。(は?)

 

看護士さんからは救急車の音とかで眠れないかもしれないから、寝付けなかったら眠剤出しますんでと言われる。
眠剤、割と普通らしい。(私にはちょっとハードル高い印象。慣れてないから。)

どちらかというとひっきりなしに車が行き来する246(道路)の車の音がうるさいかも。

きりが良いところまで読書。

 

深夜0時半くらいまで起きていてその後就寝するも、
2時半、4時半、6時台とこまめに目が覚めてしまう。

2日目、手術当日

朝7時くらいまでは寝る体制でいて、その後洗顔、歯磨きへ。
渡されていた手術着に着替える。

同室の方たちへ朝食が配られている音がする。

回診や事務の方が来られたりする。
(寝起きだけど、リーダーみたいな女医さんや若手のようなドクターたちがたくさん来てちょっとビビる)

 

9時、診察へ。子宮を広げる処置。(突然リアルな話になるね。)
スポンジを入れられているらしい。痛い。横になりぼーっとする。

生理痛のような鈍痛が続くが10時頃になると慣れてくる。

 

10時前、看護士さん来る。血圧測ったりなどして、10時までは水を飲めるので、最後に水をがぶ飲みする。

点滴開始。脱水症状を防ぐための点滴なんですって。

11:35頃、手術は11:50からと告げられる。

お手洗いに行く。家族へライン。

さー!いざ!!

▼髪が長いので、手術の邪魔にならないようにまとめました。
手術時はコンタクトレンズNGなのでメガネで。
(手術着の記念?に撮ってみたけどブログに使えたね笑)

いよいよ手術

手術室の前で看護士さんがお話して緊張をほぐしてくれる。ありがたい。(メガネケースを持っていたら「宝塚お好きなんですか?」と突っ込まる。宝塚とサンリオがコラボしてるメガネケースだったので)
髪を覆うヘアキャップを被る。

手術室に入ると担当医や麻酔科の医師たちなどが居る。手術台?に横になりメガネをはずす。

心電図や酸素飽和度を見る装置をつけられ、掛ふとんの下で裸状態になり、マスクの上からは酸素マスクがつけられ、あっ、このまま(マスクの上から)なんだ、とちょっと驚く。

改めて手術内容の確認、麻酔の点滴開始。

目眩と咳が出たりしますと言われたが、その通りすぐに喉の違和感が起き、目眩がする。わーこれが麻酔か!と思う。

しばらくして次のお薬を入れますと言われ、少ししびれますと言われてほんとだ、しびれてる…なんて思って、あー次気づいたら全部終わってるなんて不思議〜と思ってたら・・・

 

「終わりましたよ」


 

突然の目覚め。

これが全身麻酔ってやつか…一瞬のことでした。

ちらっと時計を見たら13時。

喉に入ってる管を外す。少し喉痛い。

 

ささささー!っと紙パンツをはかされ(笑)、ベッドにスライドで移されて(手術台からベッドひせーのって引っ張って動く感じ、すごくスムーズ)驚いて

そこから部屋まで運んでもらう。

また心電図や酸素飽和度の装置、点滴などつけられて、ナースコールのスイッチを持たされる。

手術後

体温を計ると35.6℃で低い。麻酔後は体温が下がるらしい。
身体は寒くないけど末端の手足が寒い。
後で気づいたんだけど毛布を足してくれていた。

今度は不織布マスクを取って酸素マスクが装着される。

ここから、まどろむ。

寝たほうが良いんだけど、うとうとすると少し息が苦しくなり、沢山呼吸。
上手く息がすえてないのかな?と。

そのうち上手く寝れていたようで、14時半前に目が覚めたらなんだかスッキリ!!近くに時計がないけれど、隣の方が問診されていてその会話で時間がわかった。

 

ただ、同じ体勢で枕もなく寝ていたので体制が辛くなってくる。

ただ、色々な装置が身体に着いているので動いていいかわからず、モゾモゾする。また寝たりを繰り返す。

▼こんな状態。


15時半頃完全に目が覚め、寝たので頭も気分もスッキリ。お手洗い用の管が付いていると聞いているので、動いて良いかもわからず。

でもさすがに腰も首もつらい。なんとか手を伸ばし、バスタオルを取り枕代わりにし、スマホをとり家族、劇団ラインへ連絡。

母へは手術後病院側から連絡がいってはいるものの、自分から連絡もしたかった。

 

15:50頃に看護士さんが来て、検診。

自分で身体に違和感がないのがはっきりわかる。

体調に問題ないので、装置を外し、歩いてみる。

身体、驚きの快調。(結局お手洗い用の管はついてなかった)

「スムーズに歩けましたね。」歩いただけで褒めてくれる看護士さん優しい。

手術着からパジャマに着替える。

点滴だけ付いてるけど、もうお水も飲める!ごくごく飲む。

 

気持ちが晴れ晴れする。少しだけ出血あるけれど、何度も確認されるが腹痛もなし、気分も悪くない。

お腹すいたけど読書してのんびりする。

 

17:30、夕飯が来る。待望!

18時間ぶりの食事が嬉しすぎる。

かに玉…!

ご飯にかけて天津飯にする。
めちゃめちゃ好物!私の好物知ってたん?ありがとう!!!

 

点滴を外してもらう。

コーヒーでも買いに行こうかしらと思ったら、もうお店閉まってる時間。

買っておいたコーヒー(温かいコーヒーを買いに行きたかったのよ)と残してあったパン半分を食べる。どれだけ食べるのか。。。

テレビを見てダラダラ。

身体は元気な気がするけれど、喉には違和感がある。

 

とにかくお水を飲んで飲んでトイレにいく。

夜、1:45眠れず。

2時すぎても眠れず。そのうち眠る。

3日目、退院日の朝

6:30前、目が覚める

隣の方に問診来る。隣の方は1時間おきに目が覚めてしまったらしい。

こちらにも来るなと心構えして待ち、朝の問診。 何回血圧を測っただろう…看護士さんも大変だなぁ…なんて思ったりした。

 

ベッドでのんびりしていると7:15頃に退院診察に呼ばれる。
問題なしとのことで退院が決まる。

 

ベッドに戻ると朝食が届いている。上だけ着替える。

パン、温かくて美味しい…完食した。元気。

歯を磨いたり、荷物をまとめたりしておく。

9:30前、退院の準備は?と看護士さんが聞きに来たので、
最後のまとめと着替えをする。

会計が出るのを待つ。

無事、退院

ロビーでは父母が迎えに来てくれていた。電車でも帰れる距離だけど、どんな体調がわからないから、車での迎えを頼んでしまった。申し訳ないね…。
ロビーで会うと重いもの持たないで!と荷物を持ってもらう。
自分としてはもう元気なつもりだけど労わってもらい感謝…。

 

途中買い物をして帰宅。まだ午前中だったけれどなんとなく身体もダルく、少し鈍痛あり、ゆっくりと昼寝した。
朝に退院するなら午後から在宅勤務しようかな?なんて思ってたけど、休みをとっておいて正解だった。(退院当日なんだから当たり前でしょ!)

これが私の入院記録。
たった3日間だったけれど、初めての、そして今後もあまり体験したくはない、体験でした。
でも手術は順調、術後も順調、病院の方々も親切で、無事に済んだことに感謝でした。

◇おしまい◇



浴衣おでかけ~猪鹿蝶コーデについて

こんばんは、キタジマです。
先日、芳崎せいこさんと浴衣お出かけをしてきたので
記録として残しておこうと思います。
完全に、自分の為~…!
(私の写真多めですけどお許しを!せいこさんの写真もあるよ♡)

こちら、上野公園です。


おろしたての縞の浴衣、帯は昨年古着屋さんで買ったものです。
既成の浴衣ですので…明らかに大きく、肩があっていないのが辛いところです。
あと、すごく丈も長いので上げてますが、もう少し長く着ても良かったかも?
日傘は実家にあったもので、ナチュラルな生成り生地が浴衣に合うなあ、と、いつも使いがちです。

この浴衣は、色と柄がとてもお気に入りです!

かごバッグは数年前にベトナムで買ったもので、これも気に入っております。

後ろ…おはしょりぐちゃっとしてますし、シワ寄ってますが(大泣)
帯は「矢の口アレンジ」という形で、ネットで検索してやってみました。
右側はわざと裏の色を出して、真ん中はペロっとさせてます。(?)
横に線が入っているので、帯締めはしませんでした。

浴衣の縞の色の一つ、エメラルドグリーンの兵児帯とかにしたら
可愛らしい着方になるかなと思ったのですが、もういい年齢なので(笑)帯はシックにしました。

髪型ですが、顔周りのサイドの髪をロープ編みして後ろに持っていき、
更にその下のサイドの髪も後ろに持って行ってくるりんぱして、
最後に全部まとめてねじって真ん中のくるりんぱの部分に押し込んでシニヨンにする、といった感じです。


今回は下目にふわっとまとめるのを意識しました。
落ちてこないように、かなりスプレーかけてます。
前からみるとシンプルかな?と顔周りの髪を少し巻いて、
金色のお花かんざしを二つ刺してます。

さて!
今回のテーマ「猪鹿蝶コーデ」とは…


昨年購入したこの花札イヤリングを使いたくて、やってみたものです。
左右に猪、鹿イヤリングを。

 

そして帯で「蝶」。


「蝶」の札はかんざしにもつけておりました。

せいこさんに「鬼滅みたい」と言われて、そうかも!と気づきました。
普段、和装の時はあまりイヤリングはしていないのですが、こういうのもたまには面白いかも?とやってみました。買ったイヤリングをやっと使えて満足です♪

せいこさんに写真をたくさん撮っていただきました♡



上野公園は蓮が見事でしたよ!

不忍池全体に蓮の葉が広がっていて、夢のような光景でした。

さて…せいこさんの浴衣がとても素敵だったので
勝手に(笑)ご紹介します!!

黒の浴衣がシックで素敵!!
籠バッグも落ち着いた色なのがまた合いますよね。
(キタジマの日傘、持って頂きました)


我らちっちゃいコンビなのですが、
和装でせいこさんがグッと大人っぽい表情されるのが素敵です…!!

帯は貝ノ口。明るすぎない黄色が良いアクセントです

反対側から振り向くとまた雰囲気が違っていいですね。
物語が始まる…!

トンボ玉の帯留め素敵♡せいこさん、モデルありがとうございました!

奇麗に着るには慣れるのが一番…慣れるように、また着てお出かけしたいと思います!

自分の機嫌の話

こんばんは!(こんにちは!)
今日はとりとめない話を書きますよっと。

不惑は迎えたものの、
ありがたいことに元気・健康を保っていまして(年齢に伴うそれなりの不調はありますけども)、
基本ポジティブに生きておりますが、
まあ、、、「はあ~」ってなることあるじゃないですか。

 

でね、前から気づいていたんですけど
帰宅するために歩いてる時

食器の洗い物をしている時

シャワーをしている時
に、
嫌なことを思い出してしまうことが多くて、
これって、一人でいてちょっと疲れていたりするという共通点があるんですけど。
そうなると、一つの嫌なことから、過去にあった自分の失敗や、失言や後悔を思い出して、更にはきっとあの時のことで、人にこういう風に思われてるんだろうなみたいな妄想にまで繋がって
「ひょええええ俺は駄目な奴だ…」ってなったりします。

でもこの「次から次へと嫌なこと思い出して自分で自分の傷をえぐる現象」には自分でも気づいていて
「おいおい、自分でひたすら自分を痛めつけてて…自虐的すぎかよ!」と思っていたんです。
で、最近読んでいた本で
「人はネガティブなことを考えると、ネガティブ思想を呼び寄せるもの」
という一文を読んで
はいはい…やはりそうですよね?と、しみじみ思っています。

 

「は!私嫌なこと考えるループに陥っている!」と気づく合図として、
「忘れたい…」って口に出していってしまったりする現象があるのですが(笑)どうかと思うよ。
ツイッターか何かで見た?のですが、そういう時はかつての失敗してしまった自分に「幸せになってね」と言うといいそうですよ。
成仏させる感じ???

 

最後に、自分のご機嫌を保つために、ホットケーキ・どら焼きの皮・バームクーヘンを自分でデコレーションして思いきり楽しんだ写真です。
上機嫌になるの簡単なのよ(笑)。
f:id:sb_natsumi:20220426235016j:image

と、たまにどうでもいいけどこんなことを書いてみました。
おやすみなさい!

2021年に観たお芝居や映画など…その1

2021年に観たお芝居、映画、ドラマなどを振り返ってみます。
配信、生の舞台含めライブのもの、映画館、劇場に行った作品と
家でアマゾンプライムなどで観たものと分けています。

今回は生バージョン。

 

これは2020年に観た作品振り返り↓

では2021年バージョン、スタート!

【観劇・ライブ配信・映画館などで観た作品】

東京電子核クラブ(@本多劇場
霧矢大夢さんご出演の舞台。
第二次大戦中に原子核研究をしていた人々のお話。
国の方針と、研究者になる若者たちを守りたい教授と…「研究を続けていれば兵役に取られない」というメッセージが印象に残る。年初から重めの話の中で霧矢さんの役は、救ってくれる存在でした。面白かった。


NHK入ってますか?(遊楽者)
MOTOさん作のコメディ。出演者が多かったけど、全員活躍させて、こんな展開になるとは!という終着点だった。


ライブ配信 アナスタシア(宝塚宙組
とっても良かった!素晴らしいナンバーが多く、明るい曲も切ない曲も強く印象に残りました!ミュージカルとしても素晴らしいし、フィクションだけどロマノフ王朝関連のお話は惹きつけられますね。もしかしたらこんな事あったかも?って。
宙組とロシアの相性良すぎません?まかまどコンビ素晴らしかったですね…。

ライブ配信 ポーの一族
チケットが取れる気がしなかったミュージカル。
みりおちゃんはエドガー、エドガーはみりおちゃんしかいないね。
ねねちゃんのシーラも素敵だったな…。

アユタヤ(MONO)
かつてアユタヤに住んでいた日本人の話。こんなご時世だからか、ハッピーエンドで嬉しかった!

 

美園さくらミュージックサロン FROM SAKURA
ライブ配信 FROM SAKURA(宝塚月組
ご贔屓、美園さくら様のライブ的なもの。どこを切り取っても最高だった…。美しさも歌の上手さも共演者とのコンビネーションもトークの唯一無二な面白さも!!どのお衣装もお似合いだったな〜音源買いました。

テアトルアカデミーコントライブ
芳崎せいこさんご出演。活き活き演技されていたせいこさん、爆笑を呼んでた(笑)面白かったです!

 

ピサロ
渡辺謙主演の重いお話…。映像を使った迫力ある舞台と、熱演がすごかった!通訳の表現など演出がとても興味深かった。自分たちの都合の良い正義を持っている侵略者の怖さ。

 

桜嵐記/Dream Chaser(宝塚月組
ライブ配信も含めて8回観ちゃった。
我がご贔屓、美園さくらちゃんのご卒業公演だったので、千秋楽も観られて悔いはありません!最後にこの感動の公演が観られて良かった……。8回観たけど全回泣きました。

熱海殺人事件
熱海~は有名な作品なのに、初見でした。あえてだと思うんだけど、もう演技も演出もコッテコテ!!!ここだけ昭和?!ってくらい。それに負けないパンチある、そしてパワーみなぎる演技の役者さんたちがすごかった!ヒロイン?の子はAKBの子だったので、AKBネタが使われていた(笑)

 

回る座椅子で夢を見る(螺旋階段)
螺旋階段さんの怖い方のお芝居。(?!)苦しい、悲しい、皆が良くしたいと思っているのに、悪くなっていく、お話だったな…女優さんたちがみんなすごく良かった。

 

閃光のハサウェイ(映画)
戦いの下で人々がどう逃げ回ってるかって始めて描かれたのでは?新鮮でとても怖かった。周りを振り回す系ヒロイン…好きです。ハサウェイも過去を引きずってるなあ~。戦闘シーンはめちゃめちゃかっこよかったです!3部作だからこれからも楽しみ!

 

シャーロック・ホームズ/Delixue!(宝塚宙組
お芝居もショーも最高に楽しかった!最高なんですが!潤花ちゃんの華がすごい!圧倒的なヒロインっぷりに、どんな仕草もつい目で追ってしまう。
シャーロックホームズのお話を良いとこ取りで、とっても面白いエンターテイメントになっていました!余韻残りまくるおしゃれで不思議なラストシーンが素晴らしい~!
ショーはスイーツがテーマなので、お衣装がとってもかわいかった!イチゴの帽子とか、マカロンのラインダンスとか♡

 

シティハンター/Fire Fever (宝塚雪組
楽しかった~!シティハンターを宝塚でやるとは(笑)キャラクターも多くはちゃめちゃで楽しい。ショーはかっこよくて、テーマソングが低音で耳に残り、好きでした。
あーさ(朝美絢さん)が出ずっぱりでどのシーンもかっこよくて…幸せでした!

 

おだわらみなと物語~かまぼこ美味しい編(螺旋階段)
螺旋階段さんの人情ほっこりの方のお芝居。港の商店会が町おこしをしていく中で、人とのつながりの大切さを感じたり…良い物語でした。沢山笑ったし、面白かった!ラストは迫力のよさこい!実際に若い役者さんがまっすぐなセリフを言うと説得力が強いなと思いました!

 

徒花に水やり
千葉雅子さんと土田英生さんのプロジェクト第二弾。とにかくとにかく笑った!ちょっと切なくなるとこや、ひやひやするシーンがあるけれど、大きな事件にならず、年末にピッタリな幸せなお芝居でした。楽しかったの一言!

 

Two-hander
ラリコさん(Nadianne公演にも出てくれたラリちゃん♡)の生誕15,000日記念公演!意外な設定のお芝居でした!会場が「ラリちゃんすき!」(共演者の方も!)の温かい雰囲気に包まれていた。2幕のサンタさんの格好がかわいかったです♡

 

2021年は生で観劇できる事がだんだん元に戻ってきて、幸せでした!

3月が終わってゆくよ。

どうも!全国約5人のいるか居ないかは定かでないSB便りファンの皆様!

 

びっくり。 

時が過ぎるの早すぎ。

明日からもう4月なんだってさ!(みんな知ってるよ…)

 

キタジマ、ちょっとこの1、2、3月はお仕事が色々怒涛の展開でして、4月からちょっとお仕事も変わることもあり、なんだかあっという間…あっという間に4月になってしまう!感が強いです。

はあ〜勉強しなきゃな〜日々学ばなければならないことがいっぱいです!

Nadianneの配信公演『星のサロン』の話も何か書こうと思いながら書けてない。

日常の話になると思うけど、たまにはブログも書いてアウトプット欲を解消していこうと思いますよ。

 

いただいたお花と共に。Thank a lot!!
f:id:sb_natsumi:20220331202659j:image

2021年に読んだ22冊

2021年に読んだ本の感想です。
実は読書の記録は2004年から付けてあります。衝撃で忘れられない内容、何度か読み返しているもの、もう内容は忘れてしまったもの、振り返ると様々ありますね。
ちなみに、2020年に読んだ15冊はこちら↓

sb-natsumi.hatenablog.com

さ!需要ある記事かわかりませんが、行きますよ!

 

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』    若林正恭
お笑い芸人のオードリー若林が、キューバ、モンゴル、アイスランドへ行った話とコロナ禍の現在を書き下ろしたエッセイ。とても面白かった。資本主義と違う中で生きている社会に行って価値観を確認したかった…ともう一つの目的で訪れたキューバ。読んで本当に良かった。現代日本で感じる生きづらさ、成功者やこうでなければならないという姿は、今の資本主義の日本の中で出来ている姿なんだなと再確認。
そんな中で、自分はどう生きていくのかを考えさせられる。
読みやすい上にとても面白い。読んで損なしの一冊。

 

『密やかな結晶』    小川洋子
ファンタジー…ホラー…。存在・記憶を喪失していく島に住む人々の物語。ある時ふと昨日まであったものがわからなくなるという怖さ。そして全部を通してのお話もずっと怖いんだけれど、主人公が物語の中で書いているお話も怖い。怖いけど読んじゃう……。

▼対照的な二冊(両方面白いよ)

f:id:sb_natsumi:20220116224641j:plain


『結局賢く生きるより素直なバカが成功する』    エンリケ
テレビで観たエンリケという人に興味を持って、本屋さんで平積みされていたので読んでみた。
誠実さと機転で成功された方というイメージだった。やはり人を大切にする人は大切にされるんだね。と思ったりした。

 

『冬の光』    篠田節子

町田ルミネの本屋さんで激推しされていたので購入。主人公の父親の死の真相を追いかけていく物語。とても面白く続きが気になる展開だが、ちょっと……後味が悪いというか。まさか女性作とは思わなかった…。

 

『キネマの神様』    原田マハ

主人公は大手シネコンを手掛ける会社から、売れ行きが伸び悩む映画雑誌の会社に勤めることになり、映画好きのお父さんがブロガーになって…というきっかけが面白かった。「ニューシネマパラダイス」は確実に観たくなる(観ました)。
映画化されたけど、ちょっと違う展開なのかな?

 

ゴッホの足跡』    原田マハ
『たゆたえども沈まず』の副読本的読み物。たゆたえども〜を再読したくなります。

 

『暗幕のゲルニカ』    原田マハ
ピカソが生きていた時代と現代(2010年代)を行き来する物語。どちらも女性が主役になっており、非常に面白い。

 

『奇跡の人』    原田マハ
ヘレンケラーとアン先生を題材にして日本に置き換えたお話。とても面白かった。

 

『モネのあしあと』    原田マハ
フランスに行ってモネの家を訪ねてみたいと思った。モネのお庭がモネのインスピレーションを湧きあがらせたんだろうなあ。

▼わかりやすく原田マハさんにハマった年ですね。

f:id:sb_natsumi:20220116224644j:plain

『BUTTER』    柚木麻子
実際にあった事件をモデルにした、ある容疑者をめぐる物語。彼女との関わりが周りの人の人生も変えていく。意外にも人とのつながりを感じる作品。

 

『52ヘルツのくじらたち』    町田その子
家族が購入した本。誰にもヘルプを受け取って貰えなった二人が出会って、生きていく物語。主人公と少年の過去を併行で追っていき、それが気になって気になって、つい一気読みしてしまう面白さだった。壮絶で辛いけど。

『おしゃべりな人見知り』 山本ゆり
山本ゆりさんのエッセイ。前半は声を出して笑ってしまうくらい面白い。後半の子育てやブログ、生き方に関して重すぎずにスタンスを語られていて、良かった。

 

『三島屋変調百物語其七 魂手形』    宮部みゆき
三島屋シリーズの中では比較的、読後がほっこりした。まあ、辛いお話は辛いけど。
3編あるうちの、「魂手形」が良かった。

▼どっちも読む手が止まらないよ!

f:id:sb_natsumi:20220116224647j:plain

 

宝塚歌劇団経営学』    森下信雄
元宝塚のプロデューサーによる、宝塚がなぜコロナ禍でも人気が衰えないか、の解説書。難しい部分もあったけれど、宝塚とファンとの価値共創、ファンクラブの活用、ロングランしない意味とか…とても興味深く面白かった!為になる〜

 

『こう見えても元タカラジェンヌです』    天真みちる
ネット連載時も一部読んでいたが、さすがだった。さすが、たそ(天真さんのニックネーム)。ありのままの表現、タカラジェンヌも人間なんだなって思える好感しかない一冊。

▼ヅカファンは100%楽しめる^^

f:id:sb_natsumi:20220116224632j:plain

 

『スモールワールズ』    一穂ミチ
現代に生きる人々の短編集。私的には一話目が…めちゃめちゃ怖かった…。他はほっこりする話や、犯罪の被害者・加害者の交流など、変わってるけど読みやすく面白い本だった。でも2つ、怖い話が怖すぎて…人ってコワイ…と思ってしまった。
苦手なのになぜ怖い話(おばけ的な意味でなく)読んでしまうん…?

 

『30の反撃』    ソン・ウォンビン
さすがの面白さだった。30歳、非正規、夢も失っていき…という生活に投じられる変化。現代の話で非常に現代の若者を繊細にそのまま描いているので辛い部分もあった。

▼「アーモンド」も面白かったソン・ウォンビンさん作品は今後も読みたい。

f:id:sb_natsumi:20220116224635j:plain

『スパイの妻』行成薫
あ、映画になってたやつ~、とコンビニで勢いで買った。とても面白く一気読みしたが、主役夫婦の生き方について色々考えてしまい、読後怖くなっちゃった。(また怖くなっちゃってるじゃん…)

 

『烏百科 ~白百合の章』    阿部智里
八咫烏シリーズの外伝。期待を裏切らない展開(いや、お話的には裏切られてるけども!)、短編集でも惹きつけられます。

『追憶の烏』    阿部智里
『楽園の烏』に至るまでのお話。どうして主人公があのような人物に豹変したのかがわかる一冊。八咫烏シリーズファンには辛い一冊となりました……。

 

▼今後はどうなっていくんだろうね…。

f:id:sb_natsumi:20220116224638j:plain


『オードリー・タンの思考』    近藤弥生子
台湾のデジタル大臣 オードリー・タンについてのインタビュー、ノンフィクション。気になっていたところ、本屋さんで見つけて購入。

彼女の生い立ちだけでなく、実行してきたこと、マインドが、関係者インタビューも交えて描かれている。ソーシャルイノベーションハクティビストオープンソース、お恥ずかしながら初めて知った言葉ばかり。こんな考え方で仕事をしている/生きている人がいることがうらやましく思う。羨ましいだけでなく、自分も動こうと思える一冊。
▼なかなかの読み応え!

f:id:sb_natsumi:20220116224650j:plain

 

『FACTFULNESS』ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド

どこの本屋さんでも見かける大ヒット本。読んだ方も多いのでは?
どれだけ面白いんだろ…と、少し立ち読みしたら、面白かったのでそのまま購入しました。自分の思い違いに気付かされる一冊。何度も読み返したくなる。勉強になります!知識はアップデートしなければならないね…。

 

今年読んだ本の中だと、『スモールワールズ』は誰でも楽しめるお話ではないでしょうか!(一部怖いけど!)
『表参道のセレブ犬と~』、『オードリー・タン~』、『FACTFULNESS』、は読んで良かった、刺激を受けた3冊でした。

私は「知る人ぞ知る!」みたいな本は読んでいませんが、本屋さんに行ってふらっと本を買うのが好きです。
今年も色々な本に出会えますように。

 

 

 

 

 

 

2022年もよろしくお願いします。

2022年、明けましたね!

いや、明けてあっという間に2週間経ったんですが。
本年もどうぞよろしくお願い致します!

ちょっと振り返って書きますが、サクサク行きます!

さて、年明け。
劇団Nadianneは昨年末にオンライン配信公演を公開したので、
それの色々な手続きや宣伝動画を作ったりなど、年末~年始は劇団仕事でバタバタしておりました。

☆チケット販売中です、よろしくお願い致します!!

f:id:sb_natsumi:20220116230416p:plain

さて!
年末は恒例の実家のやりすぎ忘年会のあと…

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kitajima Natsumi (@kitajima_natsumi)

www.instagram.com

元旦は質素にお家でお餅やお節などを食べて、駅伝を観るのんびりとしたお正月を過ごしました。

f:id:sb_natsumi:20220116230456j:plain

母の実家のお手製お餅!きな粉も叔父さんの手作りでとっても美味しい~♡

f:id:sb_natsumi:20220116230453j:plain

お節は自分の食べたいものだけ作るスタイル。(手抜き…)

f:id:sb_natsumi:20220116230459j:plain

父の誕生日だったので、家族と食事に行ってきました。
なんと気持ちのいい天気の横浜大さん橋

f:id:sb_natsumi:20220116230548j:plain

 

f:id:sb_natsumi:20220116230551j:plain

お食事が…美味しかったです。両親も祖母も喜んでくれてよかった!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kitajima Natsumi (@kitajima_natsumi)

年末に買ったイヤリングを付けて上機嫌ですよ!

f:id:sb_natsumi:20220116230636j:plain
その後、ハンマーヘッドへ行ってみたのですが(実は行ったことなかった)
バスに飾られたはまりんが気になる…。

f:id:sb_natsumi:20220116230630j:plain

2周年なんですね!どら焼き買いました。

f:id:sb_natsumi:20220116230633j:plain

風が強くて寒かったけど外で写真を撮りたくなる気持ちの良さ!

f:id:sb_natsumi:20220116230639j:plain

甘ーい美味しいお菓子の匂いが漂う建物ですね。誘惑が多い~

f:id:sb_natsumi:20220116230642j:plain

雪、降りましたね~。

f:id:sb_natsumi:20220116230758j:plain

これ、発売してから買えたことなかったんですが、やっと買えました!
雪の日に開けまして、家飲み♪

f:id:sb_natsumi:20220116230829j:plain

髪、きれいにして貰ってきました。(話飛ぶな~)
気分良くなる~!

f:id:sb_natsumi:20220116230801j:plain


今年初観劇は、劇団四季の『アナと雪の女王』でした!

f:id:sb_natsumi:20220116231427j:plain

新しくなった四季劇場に来たのも初めてでした。
チケットを会員先行予約で取ったのが昨年6月…やっと観劇日になりました。

f:id:sb_natsumi:20220116231424j:plain

舘石ちーちゃんと!
もう本当に…すごい迫力で!大感動でした……良いものを観た……!

また話変わりまして…
飯山に蠟梅を見に行きました。

f:id:sb_natsumi:20220116231508j:plain

ちょうど満開でしたよ!
蝋梅の香りって強いですよね。この辺り、香りで一杯でした!

f:id:sb_natsumi:20220116231511j:plain

素朴でかわいい蝋梅。

f:id:sb_natsumi:20220116231514j:plain

季節のお花を満喫したお散歩でした。

f:id:sb_natsumi:20220116231505j:plain

仕方ないけど、自分の写真ばっかりだな…

 

本年ものんびり更新のサマービューティー便りをよろしくお願い致します!