サマービューティ便り

劇団Nadianneの主宰・役者の北島夏美のブログです。 お芝居のこと、日常のことを書いています。 劇団HPにもぜひ遊びにいらして下さい。

劇団HP https://nadianne.com/

☆このブログと所属劇団のリンク集☆

こちらの"サマービューティ便り”の紹介です。

 f:id:sb_natsumi:20200427160536j:plain

よく更新する?カテゴリー
公演・お芝居関連…。 カテゴリーの記事一覧 - サマービューティ便り
観劇したよ。 カテゴリーの記事一覧 - サマービューティ便り
旅の話。 カテゴリーの記事一覧 - サマービューティ便り
遊びの話。 カテゴリーの記事一覧 - サマービューティ便り

 
Twitter 

twitter.com

Instargram

https://www.instagram.com/kitajima_natsumi/

※食べ物の写真多め!  

≪所属劇団、劇団Nadianneのリンク集≫
劇団HP

f:id:sb_natsumi:20200427150432j:plain
劇団Twetter 

twitter.com

近況~新しい趣味の話など

こんにちは(こんばんは)。
2021年2月になりました。
緊急事態宣言も延長されたり、なんとも不自由な生活を強いられているわけですが、
私はのびのび?楽しくしております。

飲食店が20時に閉まってしまうので、
在宅勤務で18時半くらいまで残業してしまうと、もう近所に飲みに行っても時間が間に合わないっていうね…なので、居酒屋さんに行く回数が圧倒的に減ったし、
行ったとしても19時半くらいには飲み終わっているわけで…健康じゃない?
そんな生活です。

1月の半ばくらいにですね、新しい趣味?を始めまして。

大好きな美園さくらちゃんが、今年宝塚をご卒業予定なので、
ご卒業までの間、彼女と宝塚を愛でるインスタをやろうかと思って。
始めてみました。

f:id:sb_natsumi:20210207231034j:plain

(隠してないけれど、自分の普段のインスタやTwitterとつなげてもいないよ!)

そうしたらね~~すっごく楽しいんですよね~。
実はさくらちゃんファンっていっぱいいるはず!
さくらちゃんファン達よ、みんな見て~!
と思って始めた部分もあったんですけど
いっぱい居る~!^^
みんなさくらちゃんの可愛さ、聡明さ、美しさ、歌うまさ、共感してくれる~!
嬉しいの極みです!
アカウントのmoon_sakura_617の617っていうのは
さくらちゃんの誕生日と私の誕生日が偶然一緒で、6月17日だからだよ!痛いね!でもかまわん!(moon_sakuraだけではアカウント取れなくて、数字つけたっていう)

私、個人のインスタとツイッターって、微妙に使い分けしている部分があって…あと、インスタもあんまり積極的にフォローしていないし、ジャンルも絞っていないし、本当にただの日常、なんですけど
こっちはジャンルを絞っているので、見つけてもらいやすいみたいです。

 

まあ…とにかく、楽しんでやっております。
TLも美しいものばかりで、幸せ(笑)

と、そんな近況でした。

 

 

 

のんびり、あいかわ公園

平日は家に閉じこもっているので、
土日は出かけたくなります。

1月最後のお休みの日は、厚木方面へ。

 

噂?知る人ぞ知る、の無人のサンドウィッチ販売所に行ってみました。
広い駐車場みたいな所に、黄色いなんか…小屋みたいなのが建っています!
f:id:sb_natsumi:20210207232656j:plain

冷蔵庫から取って、お金を入れて買います。
野菜の無人販売と同じシステム。
これ、365日無休でやっているって…すごすぎ!
名物の卵サンドが売り切れており、こちらの2つを買ってみました。

f:id:sb_natsumi:20210207232700j:plain

結構ボリューミー!
実は厚木のドン・キホーテなどにも卸しているらしく、そちらでも買えるとか。
でもここではすべて300円で購入出来ます!お手頃!
美味しかったです!特にさつまいも~!デザートでした♡

 

サンドウィッチを持って、あいかわ公園へ。
何度も行ったことありますが、いつもとは違うルートで宮ケ瀬ダムへ向かうと、つり橋があったり

f:id:sb_natsumi:20210207232825j:plain

丘があったりで、新しい発見でした!

f:id:sb_natsumi:20210207232821j:plain

↑なんかはしゃいでる

 

春の気配。

f:id:sb_natsumi:20210207232836j:plain

ダムをバックに。(突然の建築物~)

f:id:sb_natsumi:20210207232849j:plain

ダムの上。広いね。

f:id:sb_natsumi:20210207233043j:plain

各種施設は、閉館していました。

 

f:id:sb_natsumi:20210207232840j:plain

 

f:id:sb_natsumi:20210207232857j:plain

↓拡大 水が横から噴き出している!

f:id:sb_natsumi:20210207232844j:plain

 

一般車は通れないトンネル…

f:id:sb_natsumi:20210207232907j:plain

こういうトコ、気になっちゃいます。

f:id:sb_natsumi:20210207232903j:plain

胡蝶さん(鬼滅の刃)を思い出してしまったり。

f:id:sb_natsumi:20210207232831j:plain

地面にめり込んでいる遊具が気になったりしました。

f:id:sb_natsumi:20210207232817j:plain

f:id:sb_natsumi:20210207232812j:plain

ぞう、ほとんど胴体無い。
手前のライオンのセミロングみたいな髪型も気になるけど。

県外に出なくても、神奈川は自然も楽しめるから良かったな~と思ったりしました!
(いやどの県も自然は楽しめるけどね!)

 

 

2020年に読んだ15冊

読書が好きといいつつ昨年そんなに読んでないじゃないか!と思いますが、
読んだ記録を残しておこうと思います。

 

『女たちのシベリア抑留』小柳ちひろ

本屋さんの平積み買い本その①
そのタイトル通り、実は第二次大戦後に、シベリアに抑留されていた女性たちが居た、という歴史の事実を追いかけたルポ。とても興味深く一気に

 

『祝祭と予感』恩田陸

蜜蜂と遠雷』のスピンオフ。中でも奏のヴィオラの話が良く、泣いてしまった。

 

『熱源』川越宗一

本屋さんの平積み買い本その②サハリンのアイヌの一代記とロシアに反社会派(となってしまった)人物の物語。
日本とロシアに振り回され、怒涛の時代を駆け抜けた人々の話…。本当に、どうしてこんな目に合わなくてはいけないの?と思ってしまう…。

『流浪の月』凪良ゆう
本屋さんの平積み買い本その③
固定概念を覆される青年と少女の繊細な物語。うーん、面白い。

帯見てわかりますか?「お、賞とってんの?面白いってことだよね、よーし読もう!」って感じで、動機がとても大衆的なわたくしです♡
(特に本屋大賞には絶対の信頼感ある)

f:id:sb_natsumi:20210114003401j:plain

 

『アーモンド』ソン・ウォンビン
本屋さんの平積み買い本その④
脳の感情をつかさどる部分が機能していない少年の、衝撃的だがあっさりとした書き方で読みやすい。登場人物たちを応援したくなる。
『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んでから韓国小説はちょっと気になるジャンル。

 

横浜F・マリノス 変革のトリコロール』藤井雅彦

2019年シーズンに優勝したマリノスの変革を解説してくれるノンフィクション。
また、マリノスのヒストリーにも触れ、ファンには胸アツな一冊!

 

『いかがなものか』群ようこ
現代批判エッセイって感じだった。

 

『神様からひとこと』萩原浩

本屋さんの平積み買い本その⑤
本屋さんで激押しだった作品。お客様相談室に左遷された男性の物語。
たくさんの小さなどんでん返しが楽しい。

 

秋月記葉室麟

友人に借りた本その①。福岡の秋月藩に生きた武士の物語。
出てくる登場人物全員の生き方に芯があり美しい。

 

『さわらびの譜』葉室麟
友人に借りた本その②。
泣いた…。江戸時代、弓の達者な男女の美しい物語…。


『楽園の烏』阿部智里
八咫烏シリーズの新章!相変わらずの読者を裏切る展開にこれぞ!と思う。

 

かもめ食堂群ようこ
「読んだことなかったっけ?」と思い買ってとっても面白く読んだ。記録を見たら…やはり読んでいた…2009年…新鮮に読めた。(読書記録を2005年からつけているので見返した…実家のどこかにあるはず(笑))

 

ヴィオラ母さん』ヤマザキマリ

ヤマザキマリさんの破天荒?なお母さんのお話。こんな生き方もいいなと思った。近所が近い時代だったから成り立ったのかもしれないけれど、どうやっても子供は育つ!と提言してくれる(笑)

 

『損料屋喜八郎始末控え』山本一力

友人に借りた本その③。
賢い主人公が裏から問題を解決してくれる。
人間らしい他の登場人物たちも魅力的。
江戸時代の”札差”という職業を知れて興味深かった。
これは好き~!

 

『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう

人類が滅亡するとわかった後の人々の話。これは辛い。
とても面白いけれど、ちょっとトラウマ的というか…読んだその日の夜、人類が滅亡する夢を見ました(影響受けすぎ)。

*******************************

どれもそれぞれの意味で面白い本ばかりでしたが、お勧めは?と聞かれたら

『流浪の月』か『アーモンド』を推すと思います。
完全に普通に本屋さんと同意見。
個人的に好きだったのは『さわらびの譜』でした。とても好き。
時代物なのに主人公が女性なのが新鮮。
(『損料屋~』も好きだったな~)


私は小説が好きなのですが、1年に1冊くらいはビジネス書とか…社会派ノンフィクションとか…読んでおこうかなと思ってるんですよね…家族がそれ系をよく買うので、せっかく家にあるしと思って。
おととしまでは頑張ったんですけどね…。
昨年は途中までは読んで進まなくなって…って本が3冊くらい溜まってしまいました。
いつか続きを読もうかしら。

 

 

あと、高村光太郎の『智恵子抄』。昨年10月に安達太良山に登るので『智恵子抄』読みたいな…あれ、私持っていたはず?と本棚を見たらあったのでざっくり再読したんです。昔読んだ時よりしみじみ読むことが出来たような…と、思いました。
まあ、残念ながら安達太良山は土砂降りで景色を楽しめませんでしたが。

今年も色々な本に出会えるのを楽しみにしております♡

 

2020年お籠り中に観た作品・続き

昨年8月に在宅勤務になってから、たくさん作品を観たよ!というブログ記事を書いたのですが、その続きを書いてみたいと思います。

sb-natsumi.hatenablog.com

2020年8月~12月に観た作品です。
初めの3か月(4~7月)よりはさすがにペースダウンしています(^_^;)

媒体:TV/TSUTAYA ONLINE/アマゾンプライム/You tube/スカイステージ/映画館/劇場

 

アメリカドラマ 『SUITS』シーズン5~8まで。面白かった~!
事件が起きて揉めて、更にこっちも揉めてんのかーい!からの解決、という毎回そんな感じなんですけど、面白い。
家でウィスキーをストレートで飲むのがちょっとだけ流行りました(笑)
ハーヴィが本当にかっこいいし女性たちのスタイルにほれぼれしてしまう…。
シーズン9はいつか観ます!

韓国ドラマ『トッケビ 現代物だけど、トッケビという鬼として生きる元武将とトッケビの花嫁として生きている少女と、死神の物語。トッケビと死神が美形なので観ているだけで大変楽しい気持ちになれる(笑)
死神~死神が最高に素敵(←しっかりして!)。
話はシリアスなんだけど、ファンタジーなのであまりシリアスに感じず…残り2話を残してアマプラの無料期間が終わってしまったが…まあいいか…とちょっと思っている(すみません。機会があれば観たい~)。

 

韓国ドラマ『未生(ミセン)』 10話まで(まだ途中)観ました。恋愛の要素が1%あるかないか?!な、サラリーマンの話。主人公が囲碁のプロを目指していたけれど挫折して初めて社会に出て…という異色な始まりから、過酷な商社の様子が面白く描かれていて、見ごたえあり!(というか、すごくヒットしたドラマらしいので、今更何を言っているの的な!)オシャレな感じで始まるのに、たまにエンディングが超歌謡曲風の曲がかかったり、面白い(笑)
主役はたまに課長かな?っていうくらい主人公の上司である課長がしっかり描かれている。

 

アマプラオリジナルドラマ『誰かが、みている』三谷幸喜香取慎吾コンビのシットコム的なオリジナルドラマ。隣の家をのぞき見する、ってよく考えるととんでもない設定だけど、面白かった!気軽な気持ちで観られるのが醍醐味。

 

アニメ『鬼滅の刃流行るのがわかる面白さだった。絵もとってもきれいで、シリアスだけど笑えるところもあり、キャラクターが魅力的だし…ジブリ以外のアニメをがっつり観たのは久しぶりかも!

 

映画『鬼滅の刃 無限列車編』私が幼いころに観ていたアニメ映画というのは、ヒーローが活躍して一件落着、というのが定番で、あんなに…こんなに悲しくなっちゃう話なんだな、そっか鬼滅なんだからそんなすんなりはいかないよな、なんて思いながらしょんぼり帰った記憶があります(笑)。
続きが気になって居てもたってもいられず、電子書籍で全巻そろえる始末(笑)

 

宝塚『ミーアンドマイガール2016年花組版 大好きミーマイ!みりおちゃんかわいかったし、べーちゃん(桜咲彩花)がマリアだったりでとても楽しかった…。ミーマイはやはりいい作品。

 

芝居『OVER CHAIN』かっぱ3兄弟さん 男性の劇団なのに、出てくるキャラクターはほぼおばちゃん♡というコメディでした。久々の舞台の観劇でした!

 f:id:sb_natsumi:20210114000245j:plain

芝居『女の一生文学座 名作ですが、初めて観劇させて頂きました。面白かった!
あの時代に商才がある女性は大変だろうなあ…と思ったりしました。朝ドラをぎゅっと凝縮して観たような、満足感があったけど、ウェット過ぎずに、好きです。
観劇後、おかめちゃんと一杯飲みながら感想を話して、観劇ってこういうのも含めて楽しいんだよな、なんて久々に思い出した観劇でした。 

f:id:sb_natsumi:20210113234512j:plain

↓青少年センターの座席は一席空きでした。 

 f:id:sb_natsumi:20210113233237j:image

映画『それぞれ、たまゆらMONOの土田英生さんの監督作品。原作小説を読んでいたので、こういう風に映画化したんだ!と興味深く拝見しました。
MONOのメンバーがスクリーンの向こうに…みたいな感動も!!
家族の「あの人たち(水沼さんと奥村さん)はいつもの通りケンカしてたな」という感想が面白かったです(笑)

f:id:sb_natsumi:20210113234556j:plain


映画『こんな夜更けにバナナかよ!』大泉洋主演の実話に基づいた映画。面白く観ましたが、何より三浦春馬が気になってしまって……。

 

歌舞伎『日本振袖始 大蛇退治』 久々の歌舞伎観劇。着物会メンバーでお着物着て行きました。(私は母に着付けして貰ったけど…)八岐大蛇退治の話で、とっても分かりやすい!玉三郎の超絶美しく貫禄がある姫=蛇がとにかく眼福で、大蛇になってからも迫力あり! 

f:id:sb_natsumi:20210113234849j:plain

 

宝塚『Welcome to TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲』
ライブビューイング、生観劇3回と計4回観た。抑圧されていた宝塚愛が爆発したかの様。(チケットが取りやすかったからです…おそらく関東外からくる人が減ったのではと。)面白かったー!ツッコミどころがないわけではないですが、とにかくハッピーで笑えるお話は今は大切!!楽しかった!美園さくらちゃんは最高にいい女…。

 f:id:sb_natsumi:20210113234929j:plain

f:id:sb_natsumi:20210113234934j:plain

 2021年は生観劇がもと増えますように!

 

 

2021年明けました!

f:id:sb_natsumi:20210101174804j:plain

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

快晴の元旦で、寒さもそれほど厳しくなく、
穏やかに新年を迎えられたことに感謝します。

元旦の朝はささやかなお祝い膳。

f:id:sb_natsumi:20210101174812j:plain

作ったのは、煮物、きんぴら、栗きんとん、なます、黒豆、レンコン梅煮…
そんなに用意してないのに、時間が異様にかかりました。
手際よ!
かわいい蒲鉾と実家から貰ったぼたん海老のお陰で華やかになりました!
焼き豚は母の手作りです。母ありがとう~!

 

お雑煮は普通にお醤油味ですが、お正月だけはちゃんと出汁からとっています。

f:id:sb_natsumi:20210101174816j:plain

お屠蘇は末廣さんで。

f:id:sb_natsumi:20210101174735j:plain

お正月は午前から飲んでもいいんですよね!?(笑)

 

夕方お散歩したら、夕日がきれいでした。

f:id:sb_natsumi:20210101174807j:plain

帰りに近所のケーキ屋さんが開いていたので、つい買ってしまいました。

f:id:sb_natsumi:20210101174729j:plain

クリームがきめ細かくて美味しい…

 

晦日は毎年恒例、実家での忘年会でした。
こんな時なので、集まる親戚は少し減らして開催。
なのに…料理は減っていない気がする…。

f:id:sb_natsumi:20210101174744j:plain

f:id:sb_natsumi:20210101174749j:plain

なぜか食べ比べとのことで、本マグロとインドマグロが盛られていました。
両方美味しいよ~キンメダイも最高だよ~

大皿料理とは別に、おつまみ3種盛りが個別に配られました。
(お酒飲まない人にはお寿司3貫盛り)

f:id:sb_natsumi:20210101174740j:plain

ウニよ~!

そして大好きな牡蠣先輩!

f:id:sb_natsumi:20210101174753j:plain

喜びいっぱい(笑)
父が居酒屋経営しているので、業務用のお店で調達してくれました。
感謝!
母作の煮物もとても美味しかったです。
最後はステーキも出ましたが、私はさすがに一口しか食べられなかった…💦
お勧めして貰ったお酒は…すごかったですけどね。
ビール→焼酎→日本酒→ワイン→日本酒

二日連続でおなかがはちきれそうになった年越しですが、
健康でご飯が食べられるのは幸せですね。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
楽しい1年になりますように♡

f:id:sb_natsumi:20210101174759j:plain

北島夏美




 

 

 

2020年年末のご挨拶

2020年は、忘れられない年となったのではないでしょうか。

 

緊急事態宣言のお籠り生活があったり
在宅勤務になったり(まだ在宅勤務です。いろんな家庭に事情がある人が訴えても全然受け入れて貰えなかった在宅をついに!!)
舞台公演が出来なくなったので、オンライン配信公演をしたり
山登りに精を出したり
サッカー観戦できることのありがたさを感じたり
久々の観劇に感動したり、


何より

人に会うありがたさを感じました。

 

先日『滅びの前のシャングリラ』を読了して、世界が滅亡する前の話なのですが、
ふと、いつかコロナを克服できて日常が戻ることを前提に思っているけれど、それは本当にやってくるのかしら…なんて思ってしまいました。

賢い人達がなんとかしてくれる、なんてつい思ってしまって…。

でもどんな世の中になっても、コロナ前の日常とはちょっと違うんだろうなと感じたりもしました。

 

堅苦しくなったー!

 

本年も、大変お世話になりました。
大変な2020年でも、安全に、楽しく生きていこうと努力していた皆様、お疲れ様です。

かんぱーい!我ら、一年よくがんばった!!

f:id:sb_natsumi:20201231172238j:image

2021年、良い年になりますように!

 

北島夏美

2020年山登りまとめ~百名山巡りから濁流まで~

今年は人があまり集まらない所…ということでアウトドアが流行っていましたよね!
私も今年は山に良く行ったので、ちょっと振り返ってみたいと思います。

以下の8本立てでお送りします(物騒なタイトル多いね?)
    ①3月 倒木と強風の甲州高尾山(山梨県
 ②7月 霧の美ヶ原(長野県)
    ③7月 ハラハラの西吾妻山福島県
 ④7月 パノラマの磐梯山福島県
 ⑤8月 充実の金峰山(長野県・山梨県
 ⑥9月 恐怖の白駒の池・北八ヶ岳(長野県)
 ⑦10月 濁流の安達太良山福島県
 ⑧10月 楽しい筑波山茨城県
 ⑨11月 紅葉の御岳山・奥多摩(東京都)

 

①3月 倒木と強風の甲州高尾山(山梨県

まだギリギリそんなに自粛ムードではなかった3月。甲州高尾山まで行ってきました。
かなり高い登山口までタクシーで連れて行ってもらい、登山開始も、すごい…倒木の数々。

f:id:sb_natsumi:20201231143310j:plain

f:id:sb_natsumi:20201231143325j:plain

2019年の台風で倒れてしまってそのままの様です。
障害物競争かの様に、くぐったりまたいだりしながらの登山でした。
ですが快晴で!!

f:id:sb_natsumi:20201231143419j:plain

眺めがとても良かったです!
別ルートで下山したのですが、そこも倒木はある上に、ものすごい強風で。
ちょっと怖かったです…。
下山するとそこは…

f:id:sb_natsumi:20201231143501j:plain

大善寺という立派なお寺でした。
こちらは通称ぶどう寺とのことで…葡萄とワインを作っているのだとか。
なので、こちらでワインを頂けます(笑)

f:id:sb_natsumi:20201231143523j:plain
ここはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のロケ地だったそうで、
思わぬ聖地巡礼が出来ました♡

 

②7月 霧の美ヶ原(長野県)

登山というより、散策なのですが、「美ヶ原」なのに、こんなお天気で…。

f:id:sb_natsumi:20201230222759j:plain

あいにくの雨…!
山に入る前は晴れてたんですけどね~2020年は本当に梅雨が長かったです。
ご覧の通りの密とは程遠い景色(笑)

f:id:sb_natsumi:20201230222808j:plain

気軽なハイキングのつもりで来たので、雨具を持っていなかったことをとても後悔しました。寒かったし、雨でぐしょぐしょだし…急な山道でもないのにへとへとになってしまいました。王ヶ頭ホテルさんがカフェで持参したおにぎりを食べることをOKしてくださいました。ありがたい…いつか泊まりに来たいです!

山頂である王ヶ頭から戻ってきたら晴れました!

f:id:sb_natsumi:20201230222916j:plain

標高があるので、なかなかの眺めでしたよ!

 

③7月 ハラハラの西吾妻山福島県

7月後半は西吾妻山へ。ロープウェイとリフト三基を乗り継いで、登山口へ向かいます。
ここはロープウェイを降りたところ。

f:id:sb_natsumi:20201230223257j:plain

1つ目のピーク、人形石まではなかなかの登山といった感じですが、こういった木道もあり、楽しめました!

f:id:sb_natsumi:20201230223303j:plain

そう…ここまでは(苦笑)
ここから山頂まではだんだんと急になっていき、大きな岩を越えなくてはいけない所や、かなり歩きづらい…💦
さらには雨も降り、だんだん寒くもなってきました。(さすが山!)

f:id:sb_natsumi:20201230223253j:plain

ここが山頂…とりあえず写真だけ撮って、すぐ立ち去りました💦
その後は、山小屋で持参したおにぎりとゆで卵だけささっと食べて、すぐ下山。
リフトの最終便が15時40分で、時間に余裕がなく、とても焦りました。

時間はないけれど、疲れているし、雨だし、雨で下はぬかるんでいて滑るし、もう不安でいっぱいの下山でした。(リフトに間に合わなかったら2時間以上かけて下山するしかない…)

なんとかリフトに間に合い、この霧の中下山した時は、本当にへとへとでした。

f:id:sb_natsumi:20201230223249j:plain

 

④7月 パノラマの磐梯山福島県

西吾妻山の翌日、磐梯山へやってきました。
会津磐梯山は宝の山よ~」の民謡でも有名な磐梯山
ただ行楽日和だったこともあり、駐車場はいっぱい…遠くに駐車したため、登山までに時間がかかってしまいました。
こんなさわやかな登山口!

f:id:sb_natsumi:20201230223909j:plain

そこから、結構険しくなったりしながら…

f:id:sb_natsumi:20201230224002j:plain

 

山頂下のお花畑で一息付けました。(後ろが山頂です!)

f:id:sb_natsumi:20201230224021j:plain

山頂までは急登で、とてもきつかったですが、無事、お天気のまま山頂に到着しました!
f:id:sb_natsumi:20201230224048j:plain

山頂からは360°パノラマが広がっていました!!

f:id:sb_natsumi:20201230224055j:plain

素晴らしい景色でした!苦労して登った甲斐があったな~と感動しました!

f:id:sb_natsumi:20201230234638j:plain

下山中、やっぱり雨に降られてしまったんですけどね…土砂降りではなかったし、山頂までは晴れていて、良い登山でした。
ただ、2日連続登山は、私にはハードでした(苦笑)

 

⑤8月 充実の金峰山(長野県・山梨県

ようやく梅雨も明けた8月、母が長年念願だったという、金峰山へ行ってきました。
大弛峠という2,360m地点まで車で登ることが出来る山です。
ただ、駐車場がすぐ埋まってしまう…ということで、かなり早めに出発しました。

(登山口まで早朝車で運転してくれた家族ありがとう~)
画像にまとめたのでこんな感じでした↓

f:id:sb_natsumi:20201231005824j:plain

朝から登山するとこんなに清々しいんだなと、初めて知りました!
リフトの時間気にしなくていいしね…💦
ちなみに、私たちが駐車場に到着したころには、すでに8割くらい埋まっていました。
山頂付近は岩を登ったり、という感じもありましたが、そんなにきつい道のりもなく、無事山頂到着!

f:id:sb_natsumi:20201231005829j:plain

↑母と。(リュックお揃い・笑)

f:id:sb_natsumi:20201231005815j:plain

お弁当は母が作ってくれました♡外で食べるお弁当ってなんでこんなに美味しいんでしょう!

山頂にある大岩。どうやって出来たんだろう…(お昼はこの岩の裏で食べました)

f:id:sb_natsumi:20201231161913j:plain

 

f:id:sb_natsumi:20201231005810j:plain

f:id:sb_natsumi:20201231005819j:plain

正直…そんなにきつい登山道ではなく、それでいて程よい登りもあり、気持ちが良い尾根道もあり、景色もよく、2時間半くらいで山頂に着けるし…何より母とおしゃべりしながらの登山も楽しく、とっても気持ちが良い登山でした。
(嫌な思い出は駐車場のお手洗いが虫祭りでひどかったことくらいかな・笑)

 

⑥9月 恐怖の白駒池・北八ヶ岳(長野県)

9月頭に北八ヶ岳へ…。※池が怖いわけではないですよ!!

f:id:sb_natsumi:20201231010134j:plain

池へ続く入り口からこの様に木道が続いていて、とても歩きやすい所です!

f:id:sb_natsumi:20201231010147j:plain

苔むした森が美しく、心洗われます…。

f:id:sb_natsumi:20201231010200j:plain

白駒池に到着!広ーい池です!

f:id:sb_natsumi:20201231010331j:plain

ここから登山道を登っていき、たくさんの山に登ることが出来るのですが、私たちは丸山に登ることに。

f:id:sb_natsumi:20201231010106j:plain

ここからまあまあの登山道だったのですが…
途中から雲行きがかなり怪しくなり、雨が降り出しました。
そこまで強い雨ではなかったのですが、そのうち遠くから雷が!
山は隠れる場所がなく、落ちる場所(木)がたくさんあるので雷はかなり怖いんです!
悩んだ末、「いや、このまま行っても怖いわ!」となり、山頂まであと15分くらいの所で引き返すことにしました。
美ヶ原の反省を生かして、常に合羽を持ち歩いていましたので、すぐに着て下山を…となった所で、土砂降りの雨!!
登山道もちょっとした川みたいになり、更には雷もなり続け、恐怖の中、急いで下山しました。途中雨も落ち着き雷も止みましたが、本当に怖かったです…。

⑦10月 濁流の安達太良山福島県

今年は本当に夏・秋はお天気が良くなかったんですかね。
智恵子抄で有名な安達太良山
ロープウェイ乗り場に着いた時点で、もう雨が降っていたので、リュックを置いて、合羽を着て、登山することにしました。(「本当に登る?どうする?」も話合いましたが…)

ロープウェイを降りてしばらくはこちらも木道で歩きやすいです。

f:id:sb_natsumi:20201231010723j:plain

進んでいくと…なんでしょう、この泥水の川は。

f:id:sb_natsumi:20201231010833j:plain

登山道です(笑)
でも紅葉は奇麗だったんですよね~。
山頂まで登っていく途中で分岐があるのですが、そこで下山してきた山岳ガイドさんと団体さんと会い「この先、登れますかね?」と聞いた所ガイドさんから「楽しむ気持ちがあれば!」とアドバイスを貰い(笑)せっかくここまで来たので…と、山頂まで行くことにしました。
山頂に到着!

f:id:sb_natsumi:20201231010843j:plain

ひどい天気(笑)
標高もあるので寒いです。
雨で山頂寒いって、今年何回経験したんだろう…(笑)
この先に沼の平という、まるでクレーターの様な、地球ではないような不思議な光景が広がっているとのことで、ぜひ行きたかったのですが、さすがに雨で断念しました。

下山はさらに水量が増えてもう濁流!

f:id:sb_natsumi:20201231010823j:plain

もう足元が濡れるのは気にならなくなって(笑)
みんなで楽しくなってしまって、あまりの濁流に思わず動画を撮ったりしながら下山しました。
いやー忘れられない登山となりました。
ただ、登山道としてはきつくなく、山頂までも遠くないので、いつか晴天の日にリベンジして「ほんとの空」を見たいです!

 

⑧10月 楽しい筑波山茨城県

前回の登山とは打って変わって、こちらはお気軽登山。ロープウェイを降りるとすぐに1つ目のピーク(女体山)に到着できます。

f:id:sb_natsumi:20201231011033j:plain

女体山から男体山に向かうと、こんな茶屋やお土産屋さんがある観光スポットが♡

f:id:sb_natsumi:20201231011047j:plain

男体山山頂まで少し登りますが、程よいハイキングでした!

f:id:sb_natsumi:20201231011101j:plain

お天気に恵まれたので、景色も素晴らしかったです!

f:id:sb_natsumi:20201231011019j:plain

 

⑨紅葉の御岳山・奥多摩(東京都)

11月には奥多摩へ。
ケーブルカーで向かいます。

f:id:sb_natsumi:20201231011659j:plain

もうここから紅葉でわくわくです!

ロープウェイを降りて散策しますが、紅葉が見ごろでした!

f:id:sb_natsumi:20201231011803j:plainf:id:sb_natsumi:20201231011813j:plain

本当に素晴らしい~!

f:id:sb_natsumi:20201231011753j:plain

ここで帰っても十分なくらいなのですが、ハイキングコースがあるので、ぐるっと歩いてくることにしました。
かなり深く降りると滝があります!

f:id:sb_natsumi:20201231011901j:plain

滝はあと一か所あります。(両方素敵だけどどちらか見れば十分かもしれない←ひどい)

川沿いをずっと歩いていくコースがあって、木漏れ日の中、川の音を聞きながら歩くことが出来て、ここはとてもお勧めのハイキングコースです!

f:id:sb_natsumi:20201231011956j:plain

お天気だったし(これが一番大事なのかも…)御岳山程よく歩けて茶屋で一杯も出来るし(笑)良い観光地でした!

*******************************

振り返ってみると、やはりお天気に恵まれるかどうか、は登山を楽しめるかどうか大きい要素ですね…当たり前ですけれど。
でも濁流の安達太良山もある意味楽しんだので本当に途中でガイドさんに言われた

「楽しむ気持ちがあれば」

なのだと思いました。
行ったのはどこも初心者向けの山なのですが、山大好き家族に引っ張られながら、今後もゆる~りと、山登り、ハイキングしたいと思います。